イベント情報
来場予約

ハウジング山忠

〜ふりつもる優しさ〜

2017.09.13 (水)

福原良二

〜ふりつもる優しさ〜

私の小学校時 同級生の
沙羅さん(ペンネーム)が5作目の
詩集を全国販売されました。
お孫ちゃん二人、娘さん、ご両親
ご自分の身の周りに起きる事象を
衒う事なく綴られています。
四年に一度しか逢わぬ彼女ですが
(ごく普通のばあばなのです!)
この数年間こんな激動にあっても
逢う時はいつも朗らかな笑顔で…
「こころのささくれ、それは私が
生きた証であり、誰にも譲る事の
できない財産です」と綴っている。
表紙のイラスト、作中挿絵は全て
彼女が描いた色鉛筆画。
玉響(たまゆら)の時の中で
深く愛おしく生きる
小さくてもまっすぐな瞳も、
広く優しい背中も、
その時々に命を輝かせながら、
たおやかに優しく強く生きる
願いを込めた作品。
痛みを手放すように、
握りしめた手をそっと広げる… 

«

»