悪い時が過ぎれば、

よい時は必ず来る。

 

おしなべて

事を成す人は、

必ず時の来るのを待つ。

 

あせらずあわてず、

静かに時の来るを待つ。

 

時を待つ心は、

春を待つ桜の姿といえよう。

 

静かに春を待つ桜は、

一瞬の休みもなく

力を蓄えている。

 

蓄えられた力がなければ、

時が来ても事は

成就しないであろう。

 

by 松下幸之助

(高知県立坂本龍馬記念館にて)